ゴロタの blog-memo  

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2010.04.20 Tuesday

幻獣

 カンボジア勉強会のIさんのblogを見たら、日経新聞の文化欄に、「幻獣 十選」というコーナーに、マカラが載っていると書いてあった。

シャールドゥーラ
 今日は 7回目で、「シャールドゥーラ」 初めて見た。

 カンボジアの遺跡にも不思議な動物(?)のレリーフがある。ルーツは同じものなのかも知れない。
タ・プロム
 ガイドさんが、恐竜と言って紹介するレリーフ。
 タ・プロム

JUGEMテーマ:旅行
 

2010.04.05 Monday

西伊豆の古墳

 井田の古墳をのぞいてきました。
井田

 この下の尾根に、大小20数基の円墳があり、石室の入り口がほぼ真南を向いています。
 下に見える池は海にとても近いですが淡水で、同様の池は大瀬崎のものが有名です。遺跡のそばには、川や池があることが多い。やはり水は大事なのだ。

古墳
 石棺はちょっと見にはずいぶん小さい印象です。規模は違いますが、飛鳥の石舞台のミニチュア見たい。

-------------------------------------------------------------------
看板の説明

井田松江(いたすんごう)18号墳
 18号墳は、6世紀の終わり頃につくられた円墳。
 1964年(最初)の発掘調査で、横穴石室内に大小2基の石棺が発見され、数体分の人骨、鉄刀、銅釧(どうくしろ:腕輪)など副葬品が出土。
 1995年からの調査で、石室内からあらたに、銀象嵌を施した円頭太刀の柄頭など出土。

 7号墳の石室と並んで伊豆半島では最大規模のもので、副葬品の内容からみても、葬られた人々は、井田を本拠に西伊豆一帯で活躍した一族であったと考えられる。

JUGEMテーマ:旅行


2010.03.02 Tuesday

2010/02/22 エローラ

継続は力 と言うけれど


 いったいどれだけの時間がかかったろう。


 南から 仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟群が並んでいる。ここは仏教のエリア


 岩壁を掘り進むので、継ぎ目と言うものが無い。


 第10番窟

 アジャンタが壁画なら、エローラは彫刻。彩色もされていたけれど、今は痕跡程度に見られる。

カイラーシュ (カイラーサナータ寺院)

マハー・バーラタ
ヒンドゥー神話てんこ盛り、ゆっくり見たら何日もかかる


 エローラ石窟寺院群の中で最も有名な「カイラーシュ」世界最大の洞窟寺院は、あまりに大
きくて全体の写真の撮りようが無い。山の上から撮れと言うので、登りはじめたが突然の雨で
退却、画像なし (^_^.)



ジャイナ教の石窟 突然 雨があがる。

JUGEMテーマ:旅行


2010.03.01 Monday

アジャンタ石窟 2010/02/21

外が明るいだけに、中に入ったとたん、思わず足が止まってしまうほど暗い。

目が慣れると 壁画や彫刻のあたりは、緑とかオレンジの照明でぼーと明るい。まるで現像室み
たい。写真は撮っても良いけど、ストロボ・三脚は禁止。

 蓮華手菩薩 アジャンタと言えば必ず紹介されるほど有名。5〜6世紀頃と考えられている。らしい



 ヴァジョラパーニという菩薩。 だそうだ


「マハージャナカ・ジャータカ」の一場面。
修行しようとする王子(お釈迦様)を、奥さんや美女達が歌や踊りで外へおびき出そうとしている。 
 もったいないですねぇ 私なら「修行は明日からにしようかなぁ〜」とかなっちゃうけどね。
 流石にお釈迦様はそうはならない 偉い!


JUGEMテーマ:旅行
 

▲top