ゴロタの blog-memo  

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.03.06 Tuesday

CAPITAL TOUR, SISOPHON:シソポン(シソフォン) バス乗り場(キャピトール・バス)

バス看板

シソフォン(Sisophon) キャピトール/ツアーの バス停、歩道に看板が出ています。

見取り図
歩道にはみ出して、肉まんとか売っています。 食べましたが、日本のものと同じです。 トイレは、カウンターの奥で入って行かないと判りません。 男性用の大は表示がありませんが、女性用を使っても大丈夫のようです。 ※万が一 何かいわれても、責任は負いません。

地図

★の位置、ここでバスが発着および休憩します。2018年02月26日 現在。

 

 

2012年頃は、バスターミナルを使用していたと思います。今も便によっては使用しているかは知りません。

JUGEMテーマ:旅行


2012.07.05 Thursday

故 ケオ・キナル氏 百日法要 2011年2月27日

 昨年、遺跡を案内していただいた、ケオ・キナルさんの百日法要に参加させていただきました。
 昨年(2011年)の2月に遺跡を案内していただき、目から鱗の二日間で、今年も是非と言うつもりでいたところ、2011年11月12日 病院へ搬送される途中で、亡くなられました。


 お寺に行く前にみなさんと。 お寺は、アンコール・トムの中にありました。


 お線香をあげたあと、お坊さんの前に移動。お経と、お話があります。
 内容は全く解りませんが、神妙に拝聴。
 高級車を乗り回している某国のお坊さまより、ありがたい 雰囲気でございました。


失敗談 

 奥様の実家でお昼をご馳走になりました。
 ずいぶん量が多いなぁ と思いながらも、残しては失礼かと思い、出来る限りと食べました。
 後日、勉強会のHさん、Nさんと話している時。
 「出されたものは全部食べちゃダメ。先にお客さんが食べて、残りを家族が食べるから」
 と言う話が出て、愕然!
 そういえば、ご家族はだれも食べてなかったんだけど、そういう事とは思いもよりませんでした。
 来年 いけたら、お詫びしたいけど、クメールは全然、英語はほとんど ダメだからなぁ。


今回の画像は、ずべて、カンボジア勉強会のKさんからいただきました。
JUGEMテーマ:旅行
 

2012.03.05 Monday

バンコク → シソフォン Bangkok to Sisophon 2012/02/22

羽田 22日発 → スワンナプーム 早朝(6:00)着 初めて陸路でカンボジアへ行く 

ネットの情報では、シャトルバスでバスターミナルに行きそこから乗る。と言う話が沢山見つかるけど、どれもいつの話か日付が無いのがほとんど。
 知り合いのKさんが、朝なら、空港から直接乗れると教えてくれた。20012/02現在後者でOK。出発の時間によるのだと思う。
 出口(C)を外に出ずに、ガラス越しにバス乗り場を右に見ながらどこまでも歩くと、行き止まり近くに 2社のバスのチケットカウンターがある。小さい方に、アランヤプラテート行きの案内があった。
お一人様 178BHT 


定刻 7:15? より30分遅れで出発。(チケットには 7:40発と書いてある)
車内で水と、アンパン(のようなもの)が配られた。 バスはトイレつきだけど、乗る前に行っておく方をお勧め、一度は入ったが、ものすごく揺れるし、いろんない意味で、出来なかった。終点まで我慢。


 11:30頃 アランヤプラテートに到着。 
 国境を歩いて超えるのは生まれて初めて。うーん 興奮するなぁ。と思ったら、どうと言うことは無くて、肩透かしを食らった感じがした。 むしろ空港っからの方が、「着いたぞ〜!」と言う気分がするな。

 ゲートの向こうがポイペト(カンボジア) 左方向の有料トイレ(3THB)に寄ってから、出国手続き。若い男が、「VISAを持っている?」「リエルに両替する?」「どこに行く?」「TAXI?」「どこに泊まる?」ずーっとついて来る。トイレにまでついて来る。 国境を越えても、まだついて来る。「あんた なに人?」



 ポイペトのローターリーで「シソフォンに行きたい」と言うと、「これに乗れ」と言う。「チケットは?」と聞くと、「後で」と言われ、送迎用のバス? にのり 10分くらいで着いたバスターミナル(?) ここでシソフォンまでの切符を買う(5ドル)。男はまだついて来る、無視するのにも疲れる。11:45頃
 バスは15:00 2時間後。男がここで待っていろと言っていなくなる。ビルの反対側に移動すると、そっちがバス乗り場。
 フィリピンから来たおっさんと話しながらバスを待つ。彼はカンボジアは初めてだと言う。アンコールワットに行くのか? と言うと、「行かない」と言う意外な返事。
 私が驚くので、
「行った方が良い?」 
「絶対行った方が良いよ」 
「じゃあ 行こうかな? シュムリアップから日帰りできるの?」 
遺跡の事は なんにも知らないみたいだ。何しに来たんだろう?
「普通は トゥクトゥクか バイクだけど 自転車で行く人もいるよ・・・ 」


 バスが来て 1時間30分位で、シソフォントに到着。適当なところでおろされて、自分がどこに居るのか判らない。警官に「ゴールデン・クラウン・ゲストハウス」を聞いてすぐにたどり着く。順調順調
あ゛〜 疲れた! 明日は バンテアイ・チマール。今回の目玉。
夜 停電 エアコンが止まって暑くて眠れない。
あまりに息苦しいので、心拍数を計ると、80位まであがっている。 
うーん なかなか ハードだ ^_^;

JUGEMテーマ:旅行

▲top