ゴロタの blog-memo  

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ブサキ寺院 Pura Besakih | TOP | バンコク → シソフォン Bangkok to Sisophon 2012/02/22 >>

2012.01.20 Friday

ブサキ寺院 補足

 ゴア・ガジャから、一時間半位で駐車場に到着。 ここから先は自分達で行かなければならない。
 ガイド兼ドライバー(ディー・チャン)さんの車内での説明
 ・ネットで良く見る、「現地のガイドが同行しないとエリア内に入れない」と言うのは、少し違う。
  「怒った顔をして どんどん 歩けば 大丈夫」:D
・ガイドを頼むか、頼まないかは自由
  「相場は 2,000円〜5,000円」:D
・ ブサキに限らず、サロンが無いと入れない。通常借りる。今回はおみやげ代わりに購入することにする。

 チケットを買って少し進むと、カウンターのある小屋から、「チケット! チケット!」と怒鳴られる。持っているか? と言う意味だと思い、チケットを見せに行くと・・・
 「お布施をしない人間は、中に入れないよ」
 台帳見たいのを出してきて「お前はいくら払うんだ?」とほとんど取り囲まれるような雰囲気で、寄付を迫られる。
 
 あ゛〜 いきなり捕まってしまった。事前の情報では、お寺と関係無い方々らしい。
 「中に入らなければ この先に進んで良いの?」
 「入り口までだぞ」と坂の上を指差す。
 「あそこまではOK?」
 「中に入れないぞ!」  「わかりました。あそこまででいいよ!」と歩き出す。脱出 成功(^o^)

 入り口に到着 案内板を見ていると、「はろー」 あ 来た来た。
 「私と一緒なら 中に入れるよ 50ドルでいいよ」
 「お寺の中にも入れますか? あなたと一緒なら」 「私と一緒なら大丈夫。もう セレモニーは終わった」
 「あなたは ガイドですよね?」一応確認。

  ここで 面白いことが・・・・

 「ガイドじゃないよ」:男
 「・・・ ガイドじゃないの!?」:私
 「違う・・・ 私はガイドじゃない」:男

 ・・・ しばし沈黙 ・・・
  「ガイドだ」と言えば済むことを、違うと言って、なにか免許証みたいなものを出して、長々と説明をしてくるが、よく解らない。
 面白そうなので、値切らずに 妻に払ってもらう。(^o^)

 歩きながら彼が言うには、自分はこの近くの村の人間で、普段は畑をしている。ごつごつとした手を私に見せる。たしかに楽な仕事をしているようには見えない手だ。
 ここには週に一度位来ている。 

 途中で追い返される人もいて、登るにつれて人が少なくなって来る。ブサキで一番高い位置にあると言われている バトゥ ・マデッ寺院まで行った時には、ジャワ人のカップルと、私達2名だけで、後から、白人が数人登ってきた。

 「あれが見える?」:男  山の中腹ににぽつんと見えるものを指差す。
 「あれがブサキで一番上の寺院だ。あんたが時間があれば、連れて行ってやる」
 「ここが一番上では無いの?」:私  「違う。あそこが一番上のお寺」:男

 ここから先は、別料金とか言うのだなと思い,
 「もう お金が無いよ」と言うと、お金は要らないと言う。

 「時間は どれ位かかりますか?」と聞くと
 「往復で4時間位」
 明るいうちに帰ってこれるな・・・ かなり迷うが、次に「グヌンカウイ 遺跡」に行く予定で、ドライバーにもそう言ってあるので、止めることにする。
「あそこから見る景色は本当に素晴らしいんだけどなぁ。行かないか?」と残念そうに言った。

 戻りながら聞いた話では、彼はアグン山に登るガイドをしているらしい。
「もう何回も ガイドして頂上まで登っている」と言っていた。

 突然「あ あそこに妻がいる」といって女性を指差す。 
 「小さいけど 可愛いよ」 果物を売りに来ていたようだ。

 「綺麗ですね、写真 撮っても良いですか?」:私
 「良いよ」:男
 奥さんはなんだかすごくはずかしがった。
 逃げようとする奥さんをとっ捕まえて並んだ写真

 後で読んだ本に書いてあったのはバリでは、普通の女の人は写真を撮らせてくださいと言うと、ひどくはずかしがるらしい。その時に「まだ 沐浴して無いから」と言う決まり文句があるそうだ。
 文化の違いは面白い。バリの人は一日に何回も沐浴をする。
 
 2時間位で駐車場に戻ると、「あんまり戻って来ないので 心配していました」と言われた。

------------------------------------------------------------------------------------------
 ガイドが居ても寺院に入れないと言う話:
 ブログなどでとても多いが、それは、祭祀を行っている間のようだ。
 「セレモニーは終わったから入れる」といっていたので判る。
 ただ、毎日のようにどこかしらのお寺で、祭祀(オダラン?)が行われているようだ。
 私たちは、ちょうど昼頃に入ったお寺では、後片付けの最中だった。

 「怒った顔でどんどん歩く」:
 「出て行け 出て行け」と言われ、逃げるように早足で歩くのでは、なにをしに行ったか判らないので、頼む方をお勧めいたします。


 寺院も、景色も素晴らしかった。、一人でのんびり居られないのはとても残念だが、遺跡ではないので異教徒がのんびり散策という事自体、無理があるかな。
 
        ※2011/11 初めて行った ブサキ寺院の個人的な印象です。


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.khleang.com/trackback/845049

トラックバック

▲top