ゴロタの blog-memo  

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< タ・ネイ Ta Nei 2003/02/22 | TOP | タネイのレリーフ 2    Ta Nei >>

2013.03.18 Monday

Ta Nei

 ジャヤ・ヴァルマン 7世は、チャンパの支配からアンコールを奪還しインドシナのほぼ全域に版図を広げた。アンコール朝は最盛期を迎えたが、多数の寺院の建造、付随する施療院の建設、道路、宿駅の整備は、後に国家の疲弊、帝国衰退の原因になったとも言われている。


外壁はラテライトで砂岩の偽窓。


 外壁の偽窓は彫が浅く、いまひとつ見栄えが良く無いかな。


 レリーフは風化が激しいからわかりにくいけど、丁寧に作られていたような感じがした。

 後のヒンドゥー教、シヴァ派の時代に、仏像の部分を削り取られたと思われるものが多く見られた。盗掘もあるのかもしれない。

JUGEMテーマ:旅行



コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.khleang.com/trackback/845077

トラックバック

▲top