ゴロタの blog-memo  

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 青面金剛 [府中道 四里] | TOP | アンコール・ワットの階段 >>

2015.02.03 Tuesday

プノン・クロムのNavagraha 九曜

 Navagraha:九曜 のレリーフは博物館以外で見たのは多分プノン・クロムのものだけかも知れない。残念ながらほとんど絵が見えない。

神々の並び順がインドラが中央で
Surya,Chandra,Yama,Varuna,Indra,Kubera,Agni,Rahu,Ketu
と決まっていたとしたら・・・


 博物館(Siem Reap)のものと無理やり当てはめると、なんとなく合致して、同じデザインだったのでは無いかなと思えました。

Angkor National Museum
from left to right;
Surya,Chandra,Yama,Varuna,Indra,Kubera,Agni,Rahu,Ketu

”Bangkok National Museum"
並ぶ順番はまったく同じ。

 インドでもまったく同じ並び順の場合もあるが、中央にヴィシュヌが来ると大きく変わるようで、立像のみの場合ほとんだ見分けられない。
 カンボジアにもビシュヌが中央のものがあるのかは不明。

UGEMテーマ:日記・一般

コメント

たぶんですが、アンコールワットの外周壁の内側。
入って振り返ると「九曜」の一部と思われるレリーフがありますよ。あの歯を見せているデバダーの横です。
写真があったらmixiにUPしますね。
2015/02/04 4:53 PM by 石松

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.khleang.com/trackback/845099

トラックバック

▲top